バングラデシュについて


1. 基本情報

1. 正式名称

 バングラデシュ人民共和国(People's Republic of Bangladesh

2. 首都

 ダッカ(住みにくい都市ランキング 第二位)

3. 面積

 14万4千平方キロメートル(日本の約4割)

4. 人口

 1億5250万人(2013年3月時点)

5. 民族

 ベンガル人が大部分を占める。

6. 言語

 ベンガル語 (成人識字率は60%未満)

7. 宗教

 イスラム教:89.7%  ヒンズー教:9.2% 仏教:0.7% キリスト教:0.3% 

8. 通貨

 タカ(1タカ=約1.5円)

 


2.歴史

 バングラデシュも含まれるベンガルは、15世紀末より多くのヨーロッパの商人たちがこの地を訪れ、18世紀末にイギリスの東インド会社によって植民地化が行われました。その後、1947年にインドがイギリスから独立を果たし、ヒンズー教地域はインド、イスラム教地域は東西パキスタンとして独立しました。バングラデシュが東西パキスタンからの独立は、1971年に起きたバングラデシュ独立戦争での勝利により果たされました。現在では、東側はバングラデシュ、西側はパキスタンとして存在しています。


3.日本とのかかわり

96日、7日にかけて、安倍総理大臣のバングラデシュ訪問が行われました。今回の訪問は、5月にバングラデシュのハシナ首相が訪日した際に結ばれた、『包括的パートナーシップ』についてより詳しく話し合うためのものでした。

 

『包括的パートナーシップ』とは

政治関係

経済協力

安全保障

文化交流

についての日本とバングラデシュ、二国間での協定です。